乾燥肌で指先頑丈、ガラリクリ割れの懸念

自身の風習が冷え性という事もあり、指先やつま先は夏場も氷のように白々しいという人からかわいく言われます。

冬ともなれば輪をかけて指先のカサカサが進み、多少なりとも油断するとガラリクリ割れの激痛に堪えなければなりません。

不可欠で限定溶剤において装具のパーツ等の洗顔オペレーションをしているのですが、基盤救済手袋はやるものの溶剤が付いたパーツを直手で持つ事もあり肌荒の原因になっているようです。

ランチタイムの状況で皿洗いをするだけでも、洗剤敗北して肌荒れになってしまいます。一時期果たして厳しく指先がガチガチになってしまったので良い方法は弱いかと考えました。

そこで乾燥してガチガチになってしまった指先をお湯で温めハンドクリームを塗りサランラップでグルグル巻きにして保湿を努めました。

常々半こういう保湿法を繰り返していく内に指先のガチガチ肌は少しずつ改善されていきました。ただし多少なりとも洗剤を素手で使用すると一気に元に戻ってしまいましたが。

現在も乾燥肌って戦う毎日の結果、毎日の加勢が欠かせません。水仕事の後は「洗い流せるハンドクリーム」としています。

これがどうしてもの優れもので、通常のハンドクリームですと水で流れ落ちてしまうのですが、その戸惑いがありません。たえず持ち歩いています。

毎日のサランラップ保湿という小まめにハンドクリーム(アロエ系統)を塗り付けるため乾燥肌に対抗しています。http://www.enehen.jp/