学生のところから気を使うようになりました。

ぼくは生徒のあたりからクライアントから汗をかくなと思って生きてきました。汗をかいたあとのシャツは汗臭くて同級生に「お前汗臭い!」と言われてから自分の体臭が気になり始めました。生徒のあたりは自分周りの人がジェットやつのデオドラントによっていたので自分も使うようになりました。女性のジェットのデオドラントはぼくには効果が薄いのか、1時間も控える内に汗の臭気が混じった臭気がして何度も付けないという汗臭いのが消えませんでした。それで男のデオドラントスプレーによっていました。女性よりは効力が継続してくれて学生時代はこれを愛用していました。お風呂もシャワーだけにする派だったのですがチャンネルで「お風呂に入ったほうが体臭護衛になって、疲弊もとれる」と聞いたのでそれからはお風呂につかるようにしています。気温は41ごとで10食い分間近が良いらしくて、ぼくは20食い分つかるようにしてみました。次の日比べてみるとデオドラントを押し付けなくてもまるで伺えるかなと想う間近臭いが消えているように感じました。塩気を閉じ込めるといったデトックス効果があるらしくてスプーン1杯の塩気を閉じ込めるようにしています。皮膚もピカピカになるので両方の意味でもいいなという感じています。化粧水を塗ると肌がピリピリするなら、肌バリアが機能していないのかも。